情報が溢れている現在の状況において重要なことは、

1.多くの人に知っていただく。 2.興味を持っていただく。

それを、いかに実現するかを考えた末にグレック(株)がたどり着いたのが、
ソーシャルアプリ「集客Door」です。
  • 導入メリット
  • 特徴
  • 事例
コミュニケーションする旅スタイル
現状

変化する観光旅行

観光スタイルが変わってきています


近年のスマートフォンやソーシャルメディア(facebook、twitter)の普及により、今まで以上に情報収集やコミュニケーションが手軽にできる環境が整いました。
スマートフォン市場企業の推移・予測(12年3月)
■2011年度の総出荷台数は
 前年比11.3%増の4,190万台
■2011年度のスマートフォン出荷台数は
 2,340万台(前年比2.7倍)
■2016年度のスマートフォン出荷台数は
 3,555万台で総出荷の83.4%を占める
■2016年度末のスマートフォン契約数は
 8,119万件で端末契約数の67.3%と予測
解決

コミュニケーションする観光アプリ

個人で旅行をした時に、地元の方にお奨めのお店や観光地を紹介してもらって、得した気分になったことはないでしょうか?

「集客Door」は、観光に関する「情報収集」「情報発信」「観光業関係者やユーザー同士のコミュニケーション」を簡単に行うことができます。

スマートフォンとソーシャルメディア(facebook、twitter)のネットワークを利用して、地域独自の魅力をリアリティーのある信頼できる情報(クチコミ)として、多くの方に知っていただくことが出来るようになります。

「簡単・低価格・安心」のソーシャルアプリをご提供します

簡単

facebookページやYoutubeに情報を更新するだけで、貴社専用アプリに情報が更新されます。
※ITの専門知識は不要。アプリケーションの管理は弊社が行います。

低価格

予算が少ないので、自社専用のアプリを作るなど無理!と諦める必要はありません!
テンプレートの利用で低価格を実現。月額料金体系を採用。

安心

観光ガイドアプリとして、多くの実績があります
「集客Door」を使ったアプリ事例

私たちは「集客Door」のコミュニティを通じたネットワークで繋がっています

小笠原村観光局公式アプリ
小笠原諸島ガイド
世界自然遺産
小笠原諸島ガイド
すでに旅行会社やメディアなどとは積極的につながってきましたが、FBやこのアプリで情報提供することで、個人のお客さまとのつながりを持ち、お客さまと継続的につながることで再訪意欲を醸成したいと考えています。
高野山観光協会公式アプリ
高野山観光ガイド
世界文化遺産
高野山観光ガイド
若い世代から世界中の人々まで、より一層高野山の魅力を知っていただくためにFBを始めました。HPからブログ、そしてFBの連動、そしてアプリの利用が高まることで、コミュニティを通じて高野山の新たな魅力の発見をしていただければと思います。
猪苗代観光協会公式アプリ
猪苗代観光ガイド
猪苗代観光ガイド
スマートフォンへの対応が今後の旅行業界の重大な課題であると考えています。世界中で利用者の多いFBを利用しているこのアプリを通して、猪苗代・磐梯高原の魅力を世界中の旅行者に理解していただけたらと思います。

その他の「集客Door」アプリ


東京スカイツリー周辺散策ガイド

浅草観光ガイド

上野・御徒町観光ガイド

葛飾柴又
寅さん記念館

Mercure
Tokyo Ginza

国際協力NGOプロアルテ エクアドル
☆コメント
お問い合わせはこちらから